インプラント治療の流れ

現在のページ :
トップページ > インプラント > インプラント治療の流れ

顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療は、痛くて怖いものだと思っていませんか?どのような手順で治療を行うのかを知って、インプラントへの理解を深めてください

初診相談(カウンセリング)……30分程度

実際にお口の中を見せていただくなどの簡単な診査を行い、インプラント治療についてのご説明をします。

初診相談 無料

検査・診断・治療計画の説明……30分程度

レントゲン撮影などの検査結果をもとに診断を行った後、インプラント治療についての説明をいたします。

 診断料 無料

インプラント手術……30分〜1時間程度

チタン製のインプラント体を、局所麻酔で顎の骨に埋め込みます。チタンは生体との親和性が高く、アレルギーを引き起こしにくい金属なので、ストレスなく、顎の骨となじんで結合していきます。骨折の治療などで使うプレートやボルトにも使用されています。

結合までの定期検診……8〜16週間程度

個人差がありますが、インプラントと顎の骨が結合して安定するまでに、8〜24週間程度かかります。結合するまでは、定期的に検診を行ってインプラントの状態をチェックします。

結合・安定したら、埋入したインプラント体にアバットメント(土台)を装着して型を取り、それを元に上部構造の人工歯を作ります。

人工歯の装着……30分程度 

土台に人工歯を取り付けます。人工歯は、メタルセラミックかジルコニアセラミックからお選びいただけます。

治療後のブラッシングと定期的なチェック

インプラント治療はこれで終わりですが、インプラントを長持ちさせるために、毎日しっかりとしたブラッシングを行うとともに、歯科医の定期的なチェックを受けることをおすすめします。