メタルフリーの取り組み

現在のページ :
トップページ > 医院案内 > メタルフリーの取り組み

当院では、歯茎の黒ずみや金属アレルギーの誘発といった、肉体に与えるデメリットを避けるために、金属を使わない「メタルフリー」の治療を推奨しています。

金属素材のリスク

金属素材のリスク

日本においては、ほとんど全ての歯科治療を保険で受けることができます。
しかし、保険診療では治療に用いることができる歯科素材に制限があり、虫歯治療においてはほとんどのケースで金属が用いられます。

保険診療は患者様への費用負担が少なくてすむというメリットがありますが、金属を用いることが多いため、患者様の肉体的・精神的な負担という点において多くのデメリットが報告されているのも事実です。そのようなデメリットを避け、患者様の肉体への負担をできるだけ軽減できる治療法として、当院ではメタルフリー治療をおすすめしています。

肉体的な負担:金属アレルギー

金属を使用することの最も大きなデメリットは、金属アレルギーを引き起こす可能性があるということです。
保険で使用が認められている金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金の方が発症のリスクは高いのですが、自由診療で用いられるコバルトクロムやチタンなどでもアレルギーが起こる可能性が全くないというわけではありません。
金属アレルギーがご心配な方は、非金属素材を用いる治療を受けられることをおすすめしております。

歯に詰めたり被せたりした金属は、時間が経つとお口の中でさび、金属イオンが溶け出します。体内に入った金属イオンに対して免疫反応が起こると、アレルギー症状が現れます。

歯科素材によるアレルギーについて

近年、皮膚科や内科では歯科素材(金属・レジンなど)によるアレルギーが重視されており、日本歯科大学附属病院口腔アレルギー外来を始めとして、歯科と皮膚科、内科が連携してアレルギー症状に対処している病院が増えております。
歯科素材によるアレルギーは、必ずしもお口の中に症状が出るとは限らないため、患者様ご自身がアレルギーに気づかれていないこともあります。歯科治療を受けてから皮膚などに異変が起こるようであれば、口腔アレルギー外来などを受診されることをおすすめします。

精神的な負担:経年による審美性の喪失

金属の溶け出しによる変色

歯に白い被せ物(クラウン)をかぶせたけれど、何年か経って歯や歯茎が黒ずんで見た目が悪くなってしまった……という経験はありませんか? これは、クラウンに使われている金属のイオン溶け出したためです。つまり、金属の“さび”が原因です。

保険の銀歯はもちろんですが、表側が白い素材でも、内側の芯に金属が用いられている硬質レジン前装冠(前歯・犬歯には保険適用)やメタルボンドクラウン(保険適用外)は金属が溶け出す危険性があります。溶け出した金属が歯茎や舌、唾液を通して体内に取り込まれることで、金属アレルギーのリスクも高まります。

歯茎の退縮による金属芯の露出

歯茎の退縮による金属芯の露出

白い素材の芯に金属を用いている場合は、長期間使用しているうちに歯と歯茎の間に黒い筋(ブラックマージンと言います)ができて見た目を損なうことがあります。
これは、経年により歯茎がやせて下がったために、芯の金属が露出したために起こります。

治療を受けた際に歯科医師が隙間なくぴったりと歯を合わせてくれたとしても、歯茎がやせると隙間ができてしまいます。非金属の白い素材を用いることで、ブラックマージンを防ぐことができます。

金属を使用する治療と使用しない治療のメリット・デメリット

  メリット デメリット
金属を使用する治療 硬くて丈夫です。保険の範囲内で使用できるものが多く、比較的安価に治療できます。 “硬さ”は弱点と表裏一体。柔軟性に欠けるので強い衝撃に弱く、破損しやすいのが弱点。
金属のイオンにより、歯茎が黒く変色しやすい。金(ゴールド)は他の金属に比べると変色しにくいが、非金属素材より変色しやすい。
金属アレルギーを誘発することがある。
金属を使用しない治療
(メタルフリー)
金属アレルギーの心配がありません。金属イオンの溶け出しがないため、時間が経っても歯や歯茎が変色しません。 保険の適用外となっていますので、保険外治療として実費がかかります。
メタルフリー素材の種類によっては金属よりも強度が劣るため、適用できない部位や治療法があります(奥歯のブリッジなど)。

当院のメタルフリー治療

セラミック治療
セラミック治療

ファイバーコア
ファイバーコア

ジルコニアセラミックインプラント
ジルコニアセラミック
インプラント

セラミック治療

一般的な歯科治療(保険診療)には、丈夫である・安価であるなどの理由から、金属が使用されます。前歯と犬歯には白い非金属素材(保険のレジン)を使用することができますが、奥歯には一部を除いては非金属素材を使用することができません。
当院では非金属素材(セラミック)を用いるセラミック治療をおこなっています。

メタルインレーをセラミックインレーに取り換えた治療例
メタルインレーをセラミックインレーに取り換えた治療例

< ジルコニアセラミックで、完全メタルフリーが実現しました! >

ジルコニアセラミックとは、人工ダイヤモンドとして知られる鉱物、ジルコニアを芯材として、表面に白いセラミックを焼き付けた新素材です。

従来、クラウン(奥歯の被せ物)やブリッジといった強い力がかかる部位の治療は、セラミック100%だと強度不足で割れてしまうため、補強のために金属芯の使用が不可欠でした。しかし、ジルコニアを芯材とすることで、メタルの利点とされていた“強度”と、審美的な利点(白い・歯茎が変色しない)を併せ持った、メタルフリーのクラウンやブリッジが作れるようになりました。

セラミック治療
セラミックの種類

ファイバーコア

ファイバーコアとは、グラスファイバーの繊維を何重にも束ねてひとつの棒状にし、専用のレジン(特殊樹脂)と一体化させた物です。特徴としては、歯の象牙質と同じ位の固さと柔軟性がありますので、天然の歯質に近いといえます。赤坂歯科クリニックでは、このファイバーコアを歯の土台として使用することをお奨めしています。

過度の虫歯治療などのために神経を抜いた歯は、歯自体が死んでしまいますので、神経のある歯よりももろくなります。一般的な治療では、神経を抜いた後の根管に金属などの心棒を立て、その上から被せ物をします。この時に金属ではなくファイバー樹脂で作った心棒(ファイバーコア)を使用することが将来的に歯を守ることに繋がると、当院では考えます。

メタルコア(保険診療)
メタルコア(保険診療)

ファイバーコア
ファイバーコア

< メタルコアとファイバーコアのメリット・デメリット >

  メリット デメリット
メタルコア 硬くて丈夫です。
保険の範囲内で使用できますので、比較的安価に治療できます。
硬さのために、歯の根の破折の原因となることがあります。
金属アレルギーのリスクがあります。
ファイバーコア 天然の歯と同等の硬度と柔軟性を備えているので、衝撃を受けたときにも、金属と比べて破損しにくい。
柔軟性に優れ、歯の根と同じように揺れるので、根を傷めにくい。まさに“耐震性の土台”。
メタルフリー(金属非使用)なので、金属アレルギーの心配がない。
2003年9月に厚生省の認可がおりましたが、健康保険の適用外となっていますので、保険外治療として実費がかかります。

ジルコニアセラミックインプラント

一般的なインプラントに使用されている金属は、生体との親和性が高くアレルギーを引き起こしにくい医療用のチタンですが、近年、まれにですがチタンに対するアレルギーが報告されています。
インプラント治療で金属アレルギーが起こると、インプラントが骨と結合せずに脱落してしまうリスクが高くなります。また、皮膚を始めとする身体への様々な症状も起こります。

そこで当院ではインプラントにもメタルフリー治療を取り入れ、金属アレルギーの方でも安心してインプラント治療を受けていただけるようにいたしました。アレルギーが心配な方はご相談ください。
インプラント治療

ジルコニアセラミックインプラント