矯正治療の流れ

現在のページ :
トップページ > 矯正歯科 >  矯正治療の流れ

実際に矯正治療を行う際の流れをご説明いたします。

初診相談(カウンセリング)……30分程度

実際にお口の中を見せていただくなどの簡単な診査を行い、矯正治療についてのご説明をいたします。矯正治療に関する疑問や不安などがございましたらご相談ください。
この時点で治療を希望される場合は、引き続き検査を行なうことも出来ます。

初診相談料:無料

検査……30分〜1時間程度

レントゲン撮影、口腔内撮影、歯型採取など、矯正治療に必要な一連の検査を行います。

レントゲン
レントゲン

歯の模型
歯の模型

診断・治療計画の説明……30分程度

検査結果をもとに、症状の説明とそれに対する治療方針・期間・費用の説明を行います。
矯正装置のそれぞれの特性についてもご説明し、どの装置を使用するかを患者様に選んでいただきます。

矯正装置の装着……1時間程度

プラスチックの矯正装置(ブラケット)
プラスチックの矯正装置(ブラケット)

患者様に選んでいただいた矯正装置を歯に装着します。
矯正装置をつけた歯は汚れがつきやすくなりますので、歯列矯正期間中の歯の磨き方の指導をいたします。

歯の移動……1年半〜2年半程度

歯列矯正を開始します。歯を動かす期間は、個人差がありますが、だいたい18ヶ月〜30ヶ月です。
歯列矯正期間中は、治療時期や使用装置によって異なりますが、装置の調節のため、1ヶ月月に1回、来院していただきます。

矯正終了後の検査……30程度

歯の移動が終了した時点でレントゲン撮影をして、歯列と歯の周辺組織の検査を行います。

保定……1年半〜2年半程度

取り外し可能な保定装置(リテーナー)
取り外し可能な保定装置(リテーナー)

治療終了後にリテーナーを装着して歯を保定し、咬合状態を安定させます。保定の期間は、歯列矯正期間と同程度となります。
この期間は約3ヶ月に1回ご来院いただき、保定装置を調節いたします。

終了検査……30分程度

終了時点での検査をし、治療結果の説明を致します。