歯髄細胞バンク

抜いた歯の歯髄を再生医療に利用できます

赤坂歯科クリニックは歯髄細胞バンクの認定医療施設です

歯髄細胞歯髄細胞

今もっとも注目を集めている医療技術が、iPS細胞などを利用した「再生医療」です。病気やケガ・老化で損傷を受けた生体組織や臓器を、細胞を用いて再生させる医療技術で、今まで不可能だった疾患の治癒が期待できます。

 

「再生医療」を

「再生医療」を受けるためには細胞を保管しておく必要があり、今まで「骨髄バンク」や「臍帯血バンク」がありましたが、採取時の身体の負担が大きかったり、採取機会が限られているため、一部の利用にとどまっていました。

それに比べて「歯髄細胞バンク」は、抜いた歯の歯髄(神経)を凍結保存することで、多くの方が少ない負担でご自身やご家族の将来の疾患に備えることができます。2009年に始まった歯髄細胞バンクは、今後大きく普及し、将来的に有力な細胞バンクになると予測されています。当院は、歯髄細胞バンクの提携医院です。

歯髄細胞バンクの特長

乳歯または親知らずなどを抜歯して保管するだけなので、少ない負担で再生医療に備えることができます。
歯髄は硬い歯冠に守られているので損傷が少なく、細胞増殖力が高いため、iPS細胞化の効率がよく、再生医療に非常に適した細胞です。歯周組織の再生だけでなく、脊髄損傷、脳梗塞、神経、骨、血管など、広い範囲の治療に使用可能です。

民間バンクですので、本人とご家族のために使用され、他人には利用できません。歯髄細胞は一定量まで培養し、万一に備え複数の施設で保管します。

  • 歯髄細胞バンクの作業歯髄細胞バンクの作業
  • 保管の様子保管の様子

歯髄細胞バンクご利用の流れ

  1. 歯髄細胞バンクに登録(赤坂歯科クリニックにて行うことができます)

  2. 医院で抜歯を行い、抜いた歯を施設に送付します

  3. 受入検査にて各種ウイルス試験等を行い、受入れ可能であれば培養後に凍結保存します

  4. 将来、ご本人またはご家族の治療に必要な時まで、半永久的に保存できます

  • 抜歯した歯の搬送抜歯した歯の搬送
  • 歯髄細胞の採取歯髄細胞の採取

歯髄細胞バンクの利用料金

最初の10年間は月換算で2,500円(税別)、その後の保管更新は月換算1,000円(税別)です。

一般コース(10年)のご利用料
細胞バンク登録料 30,000円(税別)
細胞培養料 150,000円(税別)
10年間細胞保管料 120,000円(税別)
300,000円(税別)

※その後の細胞保管更新は10年単位(120,000円(税別))となります。

リスクについて

  • 細胞受入検査(各種ウイルス試験等)の結果、受入れができない場合があります(その場合は全額返金致します)。

  • むし歯等の原因により細胞培養ができない場合があります(全額返金又はもう1本を追加料金なしで申し受けます)。

歯髄細胞バンクの詳細

詳しくは、赤坂歯科クリニックにご相談ください。また、こちらの株式会社 セルテクノロジーのホームページもご覧ください。

株式会社 セルテクノロジー

予約・ご相談はこちらインプラント特設サイト矯正歯科特設サイト
一番上に戻る
一番上に戻る
お電話予約・ご相談