インプラント治療例

現在のページ :
トップページ > インプラント > インプラント治療例

インプラントは保険が適用できないため治療費が高額ですが、機能性と審美性に大変優れている補綴治療(欠損歯を補う治療)です。

抜歯が必要な虫歯をインプラントで治療した例

ジルコニアセラミックインプラント治療症例


治療前


治療後

虫歯が進行して歯冠部がほとんどなくなり、見た目が悪くなっただけではなく、発音や咀嚼がしづらくなったことを主訴として来院された患者様です。
初診時にパノラマレントゲン写真撮影などの診査を行い、抜歯が避けられないと診断した上顎前歯2本・奥歯1本と下顎奥歯2本に対し、インプラント治療を行いました。

【ジルコニアセラミックインプラント】

こちらの患者様は、審美面を考慮して、前歯にはジルコニアセラミックインプラントを使用しました。(奥歯には、ストローマンインプラントを使用しています)

ジルコニアセラミックインプラントは金属アレルギーのリスクが一切ないだけでなく、インプラント自体が歯の色に近い白色ですので、経年によって歯茎がやせた場合にも歯の根元にインプラントが黒く見える心配がなく、審美面において非常に優れています。

デメリットとしては、一般的なインプラント(チタン製インプラント)と比べると、骨との結合に少し時間がかかるという点が挙げられます。
患者様には治療前にメリットとデメリットの両方を説明し、ご理解をいただいています。

隣接する2本の歯をインプラントで治療した例


治療前


治療後

50代の患者様で、埋入したインプラントは2本、上部構造(人工歯)はジルコニアセラミックです。

こちらの患者様は、右下の第二小臼歯を第一小臼歯の2本を欠損されていました。
写真の角度が異なっていますが、点線で囲んだ部分にインプラントを2本埋入して欠損治療を行っています。

天然の歯とほとんど見分けがつきませんが、治療後の写真をよく見ていただくと、埋入したチタン製の土台(アバットメント)がわずかに黒っぽく透けているのにお気づきになると思います。
普通に生活をされていれば、唇で隠れて全く気付かれない程度のものですが、より高い審美性を求められる方は、白いジルコニア製のインプラントもお選びいただけますので、ご相談ください。

歯を失ったら、できるだけ早めに治療を!

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまったら、早めに歯科医院で補綴治療(歯の見た目や機能を回復させる治療)を受けることをおすすめします。

< 歯を失ったままにしていると……? >

歯が動いて、かみ合わせが悪くなることがあります。

全ての歯が揃っている方でも、生きている限り歯は動きます。
歯を失ったままにしておくと、歯がないスペースに向かって歯が動いて歯並びが崩れ、かみ合わせが悪くなってしまうことがあります。

歯を失った部分の骨の吸収が始まります。

歯を失ってしまうと、歯を支えていた歯槽骨が退化し、次第に減少して行きます。(吸収と言います)

インプラント治療を行う場合は、骨が吸収されてインプラントを支えるための十分な厚みを得られないケースでは、そのままでは埋入手術を行えないため、骨を増やす治療が必要となります。