矯正歯科

矯正歯科について

赤坂歯科クリニックでは、単純に歯並びを整えるのではなく、噛み合わせやお顔のバランス、横顔の美しさも考えながら矯正歯科治療を行っています。

歯並びを整えるのは、矯正歯科医として当然です。しかし、矯正歯科治療は見かけのためだけの治療であってはいけないと考えています。歯並びは、体を支える「骨」の一部として、食事や日常生活を通じて健康と大きく関係しています。矯正治療を受けることで患者様が口元のコンプレックスから解放されるだけでなく、健康でいていただけることを切に願っています。

矯正治療は症例により様々な治療法があり、大きく分けて、ワイヤー矯正、マウスピース矯正があります。ワイヤー矯正は、様々な症例に対応可能な装置で、緻密な治療をすることのできる万能な装置です。
マウスピース矯正は、症例は選びますが、クリアなマウスピースで治療のできるとてもきれいな装置です。

  • 目立たない矯正全面は目立たないクリアブラケット使用
  • 目立たない矯正透明なマウスピース型の矯正装置

噛み合わせの悪さ(不正咬合)による影響

噛み合わせの悪さ(不正咬合)による影響歯の噛み合わせが悪い(不正咬合または異常咬合といいます)と、見かけが悪いだけではなく、健康状態にも影響します。
物を食べた時に噛みにくさを感じたり、言葉がはっきりと発音できないなどの悩みは、不正咬合や異常咬合が原因である場合がほとんどです。不正咬合は、次のような影響を与えます。

食べ物が噛みにくい(噛む力の低下)

不正咬合や異常咬合により食べ物を噛む力が慢性的に低下すると、唾液の分泌が減り、消化・吸収が阻害され、やがて健康に影響します。
また、いつも同じ場所の口唇を噛んでしまい、口内炎になるとよくありません。

むし歯・歯周病になりやすい

歯並びが悪いことで、歯みがきが充分にできず、歯の汚れや歯垢(プラーク)が蓄積すると、むし歯や歯周病になりやすくなります。また、歯並びが悪いと口唇が閉鎖しにくく、いつも口が半開きになることで唾液分泌の循環が悪くなって、罹患率がぐっと上がります。

発音が不明瞭になりやすい

発音する時に、舌が上下の歯の間から前に出るような舌癖がある場合、はっきりとした発音が得られなくなります。また、口角に泡がたまります。

体の不調を引き起こす可能性があります(顎関節症)

「あごの関節が鳴る」「あごが痛い」「口が開きにくい」など、あごの関節(顎関節)に異常を生じる症状を「顎関節症」と総称しますが、噛み合わせが悪いと、この顎関節症にかかりやすい傾向がみられます。顎関節症以外にも、あごに不適切な力がかかることで、肩こりや頭痛を引き起こす原因になると言われています。

矯正歯科治療を始める最適な時期

近年では成人の方が、男女問わず、矯正を行うケースが増えています。
歯と歯の周りの組織が健康であれば、何歳になっても歯は動きます。成人の矯正は、自身の意思で治療を始める分、協力が得られ、より良い結果を得られる傾向にあります。

お子様の矯正治療時期

お子様の歯は、乳歯期(乳歯のみ)と、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在)と、永久歯列期に分かれます。矯正治療は歯の根っこを動かして歯並びを整える治療であるため、永久歯が生え揃ってからの、永久歯列期の開始が最適と考えます。
また乳歯期の歯の乱れは、成長とともに変化する場合があるので、必ずしも早期治療が良いわけではありません。
ただし、呼吸や発音、成長に支障が出るような不正咬合の場合は、永久列に影響が出るので、乳歯期や混合歯列期であっても早急に治療を行うべきです。当院ではお子様の矯正治療も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

中・高生の矯正治療時期

中・高生の時期は、あごや顔面の成長は続いており、永久歯列に生え変わった直後はきれいな歯並びであっても、その後変化
する場合があります。今は矯正の必要はないと思っていても、これから親知らずが生えてきて歯列が動いてしまうのかなどを事前に知り、抜歯の必要があるか、どのタイミングで処置した方がいいかなど、早めにご相談いただくと安心だと思います。
矯正治療は、大人と同じ本格的なワイヤー矯正になりますが、まだあごや顔面の発育は止まっていないため、成長を利用しながら大人の矯正治療よりも短期間に行えるケースが多くなります。

大人の矯正治療時期

最近の矯正治療は、中学・高校時代には部活や受験勉強などで時間が取れなかった方が、大学生や社会人になってから治療を開始するケースが増えています。また、かつては「八重歯」として好ましく感じられていた歯並びが、近年では「乱杭(らんぐい)歯」として敬遠されるようになるなど、社会的に、きれいに並んだ歯並びを重視する傾向にあります。
大人の矯正治療は、骨や歯に問題がなければ、40代、50代の方でも行えます。ご自分で判断される前に、一度ご相談ください。

矯正治療の流れ

実際に一般的な歯列矯正治療を行う際の流れをご説明します。

初診相談(カウンセリング)……30分程度

実際にお口の中を見せていただくなど簡単な診査を行い、矯正治療についてご説明します。
矯正治療に関する疑問や不安などがございましたらご相談ください。
初回相談 無料

検査……30分~1時間程度

レントゲン撮影、口腔内撮影、歯型採取など、矯正治療に必要な一連の検査を行います。

後日、診断・治療計画の説明……30分程度

検査結果をもとに、症状の説明とそれに対する治療方針・期間・費用の説明を行います。

矯正装置の装着……1時間程度

専用の接着剤やセメントを使用し、装置を装着致します。最後に装置の説明などを行います。

歯の移動

歯列矯正を開始します。通常、4週間に一度の来院ですすめます。
歯を動かす期間は症例によって個人差がありますが、大体18~30ヶ月です。

保定

治療終了後に保定装置(リテーナー)を装着して歯を保定し、咬合状態を安定させます。
保定の期間は症例により異なります。
この期間は約3ヶ月に1回ご来院いただき、保定装置を調節いたします。

終了検査……30分程度

終了時点での検査をし、治療結果をご説明します。

予約・ご相談はこちらインプラント特設サイト矯正歯科特設サイト
一番上に戻る
一番上に戻る
お電話予約・ご相談