クイック矯正(セラミック矯正)

クイック矯正(セラミック矯正)とは

クイック矯正とは、セラミックの被せ物(人工補綴物)を使って、歯並びを整える矯正のことです。正確には、矯正治療ではなく審美治療に当たります。「セラミック矯正」や「補綴矯正」、「差し歯を使った矯正」と呼ばれることもあります。

  • クイック矯正(セラミック矯正)とは
  • クイック矯正(セラミック矯正)とは

症例の程度にもよりますが、出っ歯、すきっ歯、乱杭歯(らんぐい歯)、八重歯と言われる歯並びを、セラミックを使って短期間で整えることができます。具体的には、白い素材のクラウンを使用して歯並びを美しくしたりします。矯正治療というよりも、正確には、審美治療に当たります。
クイック矯正の最大のメリットは、歯列を動かす通常の矯正治療よりも治療期間が短いことです。整えた歯並びが後戻りすることもありませんので、保定期間も不要です。またセラミックを使用しますので、自由に色や形を設定することができ、半永久的に「きれいに整った白い歯」を保つことができます。

クイック矯正での治療はどんな治療?

クイック矯正は、歯の上部を小さく細く削る、または土台を取り付けて、その上にセラミックのクラウンを被せて歯並びを整える方法で、患者様自身の歯根を利用します。通常の矯正治療では、時間をかけて歯根ごと動かしますが、クイック矯正では、歯根は動かさずに人工歯(クラウン)を被せるため、治療期間が短くて済むのです。
ただし、場合によっては歯の神経を除去することがあります。赤坂歯科クリニックでは、できるだけ神経を残す治療を心がけていますが、どうしてもご要望に添えない場合があります。また、歯並びの程度によっては通常の矯正治療でなければ対処できないケースもあります。咬み合せの全体的な改善も、クイック矯正では対応できないことがあります。詳しくは、カウンセリング時にご説明いたします。

クイック矯正(セラミック矯正)治療例

前歯の突出(出っ歯、上顎前突)の改善

治療前

治療前

治療後

治療後

上顎前歯4本
治療内容 上顎前歯4本をジルコニアファインセラミックの歯を使用したセラミック治療の症例です
この症例の平均的な費用 540,000円(税別)
この症例の治療期間 通常2ヶ月 (8回通院)
治療の副作用・リスク 歯ぎしり等のくせがある場合、セラミック破折の可能性あり

上の前歯が前方に突出しているのと、デコボコをセラミック治療できれいにしました。
こちらの患者様は元々、歯石・プラークの付着や歯肉炎を気にされて検診のために来院されましたが、歯並びが悪いことでブラッシング(歯磨き)が不十分になってしまうことが歯石・プラークの付着、歯肉炎の一因となることを知り、歯並びの改善を希望されました。
歯並びを改善する方法には矯正治療と審美治療(セラミック治療)があり、セラミック治療では歯を削る必要があることをご説明しましたが、短期間で治療を終えられるセラミック治療をお選びになりました。
セラミック歯にすることで歯が弱くなったり虫歯のリスクが高くなると言われることがありますが、歯の神経を除去しない治療であれば歯が弱くなることはありませんし、ブラッシングなどのメインテナンスをきちんと行えば虫歯のリスクも軽減されます。
セラミック治療によって歯並びが良くなればブラッシングがしやすくなり、歯並びが悪かった時よりもお口を清潔に保ちやすくなることもあります。

叢生(デコボコの歯並び)の改善

治療前

治療前

治療後

治療後

治療内容 デコボコになっている上顎前歯の4本をセラミックが被せられるよう削り、セラミッククラウンを使用した症例
この症例の平均的な費用 約540,000円(税別・治療費別
この症例の治療期間 通常2ヶ月 日(8回通院)
治療の副作用・リスク 歯ぎしり等のくせがある場合、セラミック破折の可能性あり。

こちらの患者様は、前歯がガタガタになっているのを気にされて相談に見えられました。
上の左側の前歯が下の前歯の後ろに入り込んでおり、見た目の悪さだけではなく、食べ物を噛みちぎりにくいという不便さも感じられていたのではないかと思います。
矯正歯科の治療もご提案しましたが、セラミック治療での改善を希望されました。
元の歯の大きさのままでは、歯が並ぶスペースに対して大きすぎるため、ねじれている前歯2本と両脇の2本の合計4本を少し小さ目のセラミック歯にすることで、違和感なく美しい歯列にすることが出来ました。
こちらの患者様も歯の神経の除去は行っていません。

正中離開(前歯の隙間)の改善

治療前

正中離開(前歯の隙間)の改善

治療後

治療後

治療内容 上顎前歯2本をジルコニアファインセラミックの歯を使用したセラミック治療の症例です。
この症例の平均的な費用 270,000円(税別)
この症例の治療期間 通常3カ月(8回通院)
治療の副作用・リスク 歯ぎしり等のくせがある場合、セラミック破折の可能性あり。

上の前歯に大きな隙間があることを主訴として来院された患者様です。
矯正治療で改善することもできますが、かみ合わせにはあまり問題がないことから、セラミック治療での改善もご提案いたしました。
歯を削るリスクがありますが、数回の通院で治療を終えられることと、治療費が抑えられることから、セラミック歯での治療を選択されました。

クイック矯正の手順

1根管治療(必要に応じて)

症例によりますが、必要があれば最初に根管治療から始めます。神経の治療に要する通院回数は、個人差がありますが、およそ2~3回程度です。元の歯をそのまま土台として使用する場合には、根管治療は行わずに歯の上部を小さく削って土台を作るところから始めます。

2土台(コア)設置

根管治療を終えたら、次に歯根の上にクラウンを被せるためのコア(土台)を入れます。このコアの向きを調整することで、歯を動かさずに歯並びを整えることが可能になります。

3セラミッククラウンの設置

コアの上にセラミッククラウンを被せて完成です。セラミッククラウンは、ハイブリッドセラミック・メタルセラミック・オールセラミック・ジルコニアセラミックからお選びいただけます。

セラミッククラウンを使ったクイック矯正の治療費(税抜)
エコノミーセラミック 1本 95,000円
シャイニングジルコニア 1本 105,000円
スタンダードセラミック 1本 115,000円
ファインセラミック 1本 125,000円
ジルコニアファインセラミック 1本 135,000円
エレガンスセラミック 1本 175,000円
土台
メタルコア 保険診療
ファイバーコア 1本 20,000円

※根管治療を行う場合は、(クラウン+コア)×治療本数でお考えください。
※全て税別料金となります

予約・ご相談はこちらインプラント特設サイト矯正歯科特設サイト
一番上に戻る
一番上に戻る
お電話予約・ご相談