インプラント

現在のページ :
トップページ > インプラント > インプラント

インプラント治療は、天然の歯と同等の「噛む力」を回復できる治療法です。歯を失って悩んでいる方のお悩みを解決いたします。

インプラント(人工歯根)で、「噛む力」の回復を

インプラント

虫歯治療や歯周病、事故など何らかの理由で歯を失った後、どのような治療をされましたか? 入れ歯を入れたのに、固い物を噛めなくなったり発音が不明瞭になってしまった、など、不安や不満を感じてはいませんか?インプラント(人工歯根)は、そんな不安を解消できる「第三の歯」です。

天然の歯のように噛めるインプラント

永久歯を抜歯した後は、入れ歯(義歯)やブリッジ(架工義歯:両隣の歯に被せた冠と連結した人工歯で、歯の欠損部を補う治療法)での治療が一般的です。しかし、入れ歯は噛みごたえが悪かったりはずれやすかったりしますし、また、部分入れ歯は装着するための金具が外から見えてしまいます。ブリッジは、人工歯を支えるために両隣の健康な歯を削らなくてはなりません。

そこで生まれたのが「インプラント(人工歯根)」です。インプラントは、失った歯の代わりに顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法です。「歯の根」を作ることで、天然歯と同じようにしっかりと噛めるようになります。

「噛む力の回復」は、食べる楽しみや健康の回復にもつながります。

審美性が高いインプラント治療

インプラント治療後(2本)
インプラント治療後(2本)

インプラントの最も大きな特徴は、人工歯根を顎の骨に直接埋め込むため、インプラント治療をおこなったことにほとんど気づかれないということです。こちらの患者様は、○印の2本がインプラントです。自然の歯とほとんど見分けがつきません。

インプラントは歯の欠損を補う治療の中では、最も審美性に優れています。入れ歯と違って歯の欠損や入れ歯の金具を気にして口元を隠す必要がありませんので、審美的にもメンタル面でも満足感を得られます。

インプラント(人工歯根)治療と従来の人工歯治療

インプラント治療が従来の治療法(ブリッジ・入れ歯)とどのように違うのか、どんな利点があるのかを、ケースごとにご説明します。

歯が1本抜けた場合(ブリッジとの比較)

歯が抜けてしまったら、一般的にはブリッジで欠損歯を補います。 ブリッジは冠状の支台と欠損歯を補うための人工歯が連結しているため、中央の人工歯を支えるために欠損部の両隣の歯を削って土台にしなければなりません。

インプラントは支台が必要ありませんので、両隣の歯を削らずに欠損部を補うことができます。

歯が数1本抜けた場合
歯が数1本抜けた場合

ブリッジを被せて欠損歯を補う
保険診療では、両側の健康な歯を削って土台にし、ブリッジを被せて欠損歯を補います。

健康な歯を削りません
インプラント治療なら、顎の骨に直接人工歯根(インプラント体)を埋め込みますので、 健康な歯を削りません。

歯が数本〜全て抜けた場合(入れ歯との比較)

歯が数本抜けた場合は“部分入れ歯”で、歯を全て失ってしまった場合は“総入れ歯”で欠損歯を補います。

部分入れ歯は、義歯を固定するための金具が目立つだけでなく、歯や口腔内を傷つけることもあります。しかし、インプラント治療なら、歯のない部分に必要な数のインプラントを入れ、人工歯を固定するため、天然の歯並びと変わりません。

“総入れ歯”は歯根がないので、ずれたりはずれたりしやすいという大きな欠点があります。また食べ物が隙間に入ると、痛みの原因にもなります。しかし、インプラント治療なら、インプラントを数本入れ、入れ歯を固定するための維持装置を取り付けます。ぐらつきがなくなります。

歯が数数本〜全て抜けた場合
歯が数本〜全て抜けた場合

保険の部分入れ歯または総入れ歯
保険の部分入れ歯または総入れ歯では、周辺組織に負担をかけたり、ガタついてうまく噛めなかったりします。

1本または数本のインプラントで義歯を支える
1本または数本のインプラントで義歯を支えるので、ガタつかずにしっかりと噛めます。

インプラント治療の利点

  • ブリッジのように、健康な歯を削る必要がありません。
  • 顎の骨に直接人工歯根を埋め込みますので、噛む機能が天然の歯と同等にまで回復します。
  • 歯茎に噛む力(刺激)がかかるので、歯茎の健康を保つことができます。
  • 口腔内に金具を取り付ける・ブリッジのように、健康な歯を削る必要がありません。
  • 顎の骨に直接人工歯根を埋め込みますので、噛む機能が天然の歯と同等にまで回復します。
  • 歯茎に噛む力(刺激)がかかるので、歯茎の健康を保つことができます。
  • 口腔内に金具を取り付ける必要がありませんので、天然の歯と同じような外見が得られます。
  • 顎のヤセなどで、口元が老いて見えることもありません。
  • 必要がありませんので、天然の歯と同じような外見が得られます。
  • 顎のヤセなどで、口元が老いて見えることもありません。

専門性が問われるインプラント治療

ここ10年で技術やインプラントの質自体がかなり進歩し、インプラント治療の安全性や成功率が高くなっています。手術後に痛みや腫れが出ることは少なく、手術したその日から普通に食事をしていただくこともできるほどです。成功率は90%を越えるといいます。

しかし、やはり顎の骨に直接金属のネジを取り付けることに不安を感じられることでしょうし、私たち歯科医師も、経験の浅い未熟な医師が安易に行うべき治療ではないと考えています。治療を受けられる際は、インプラント専門の担当医師がいる歯科医院をお選びになることをおすすめしています。

インプラント専門の担当医が治療をおこなっております

赤坂歯科クリニックでは、O.A.M.先進インプラント認定医・日本口腔インプラント学会 員の院長が、インプラント治療を専門的に担当しております。 年間に50〜100本のインプラント治療を行い、1,000本以上の治療実績がありますが、現在も積極的に勉強会・研究会に参加して、患者様により安全で高いレベルのインプラント治療をご提供できるように研鑽を続けております。 インプラント治療についてご不安に思われていることやご心配事がございましたら、お気軽にご相談ください。

院長略歴・あいさつ