無痛治療への取り組み

現在のページ :
トップページ > 医院案内 > 無痛治療への取り組み

無痛治療 痛みの少ない治療への取り組み

痛みが怖くて歯医者に行けない、行きたくない、そんな患者様を減らしたいと言う思いから、当院は痛みの少ない治療、無痛治療への取り組みを行っています。

1. カウンセリング

痛みを大きく懸念されている方や麻酔の効きづらい方など、状況や要望を十分お伺いしてから治療を行います。私どもからもカウンセリングでお伺いできるように最善を尽くしますので、ぜひ患者様もご遠慮なくお申し出ください。

2. 削らない虫歯治療ードックベストセメント

虫歯治療が痛いのは、虫歯が進行した時に痛みを感じる象牙質まで削らなければならないからです。
赤坂歯科リニックでは、「歯を削らず、薬で虫歯を無菌化する虫歯治療(3Mix-Mp法・ドックベストセメント)」を導入しています。

一般的な虫歯治療では、虫歯菌に感染した患部(虫歯)すべてをドリルで削って取り除きますが、3Mix-Mp法・ドックベストセメントではほとんど歯を削らず、象牙質の虫歯を残したまま薬剤を詰めて虫歯菌を殺菌します。

削らずに虫歯を治療する

削るのは痛みを感じない表面のエナメル質だけですので、痛みに弱い方でも安心して治療を受けていただけます。ほとんどのケースでは、麻酔も必要ありません。

神経まで感染が至っている重度の虫歯には適用できませんが、従来の治療法であれば神経を除去していたようなケースでも神経を残せる可能性が高まりました。

3. 静脈内鎮静法

痛みに弱く、抜歯やインプラント埋入手術、根管治療などの治療を受けることに恐怖感じ、ドキドキしてしまう方は、痛みや不安感を和らげてリラックスさせる「静脈内鎮静法」を受けられることをおすすめしています。

静脈内鎮静法は、注射器で静脈に直接麻酔薬を注入します。注射が必要ですが、うたた寝をしているようなリラックスした状態で治療を受けていただくことができ、嘔吐反応が強い方にも適しています。
ご希望の方は、治療前に担当の歯科医師にご相談ください。

4. 麻酔の温度管理

麻酔注射の際の麻酔薬は、体温との温度差があるとそれが刺激になり痛みを感じるため、体温と同じぐらいの温度になるよう温度管理を行っています。

5. 表面麻酔

歯茎への注射は治療中の痛みを軽減するための麻酔です。しかし、この麻酔注射自体が痛いとよく言われます。そこで当院では、麻酔注射の痛みをやわらげるため、針が刺さる場所にしっかりと表面麻酔を行っています。