保険診療

現在のページ :
トップページ > 医院案内 > 保険診療

歯科・小児歯科・歯科口腔外科

当院では、虫歯治療や歯周病治療を行う一般歯科治療や、お子様の歯科治療(小児歯科)、歯茎の腫れや口内の炎症などの治療を行う歯科口腔外科治療も行っています。歯列の矯正治療や歯の審美治療だけではなく、虫歯の予防や歯の検診をご希望の方も、お気軽にご予約ください。

※保険適用内での治療をご希望の方には保険の範囲で行いますが、一部保険が適用できない場合もございますのでご了承ください。

こんなお口のトラブルのときにもご相談ください

歯が痛い
虫歯を治したい
歯肉が腫れた
詰め物が取れた
口臭が気になる
虫歯の予防をしたい
入れ歯をいれたい
歯並びを良くしたい
歯を白くしたい
歯の検診をしたい
インプラント治療をしたい
……など

保険診療と自由診療

健康保険で認められた歯科材料を用いる限り、ほとんどの歯科治療に保険が適用されます。しかし、審美性や耐久性などの「質」を考えたとき、保険診療の範囲内の治療で患者様が必ずしも満足できるか、という問題があります。

保険医療制度では、「必要な治療は保険でできる」という原則がありますので、例えば目立たないよう白い素材で被せ物を作る際に保険が適用されない部位があったりします。また保険医療制度では「悪いところを治す」と言う考え方が中心ですので、歯列矯正やホワイトニングなどの審美的な目的があるものは患者様の自費負担となる自由診療となりますし、例えば予防を目的とした診療にも保険は適用されません。

当院では患者様の健康などの面からメタルフリーの治療をおすすめしていますが、残念ながら現状では保険適用外となっております。費用的なご心配がある方に自由診療となるメタルフリー治療を強要することはありませんし、可能な限り患者様のご要望とご予算に合わせて最善の治療法を考えていますので、ご納得がいくまでご相談ください。

メタルフリーの取り組みについて

保険が適用される詰め物の材質

合金の詰め物
合金の詰め物

  • 金銀パラジウム合金……銀色の詰め物です。
  • コンポジットレジン……プラスチックなどから作られる複合素材です。

保険が適用される被せ物の材質

合金の被せ物
合金の被せ物

  • 金銀パラジウム合金冠……いわゆる「銀歯」です。
  • 硬質レジンジャケット冠……全てが白い樹脂で出来ている被せ物です。強度や色にやや難があります。
  • 硬質レジン前装冠……中身は金属(金銀パラジウム合金など)で、外から見える部分にのみ白い樹脂を使用した被せ物です。

※レジンを用いた治療は、部位によっては保険適用外となる場合もあります。