赤坂歯科クリニックの歯科治療

現在のページ :
トップページ > 医院案内 > 赤坂歯科クリニックの歯科治療

赤坂歯科クリニックは、できるだけ全ての患者様に対し、可能な限り最善の治療をご提供することを心掛けています。

最先端の歯科治療

歯科に関する研究や検証は日々進んでおり、より良い治療結果を得ることはもちろん、より安全で患者様への負担を軽くするために、治療法や医療機器の改善が日々行なわれています。
赤坂歯科クリニックでは常に最新の情報に触れ、より良い治療結果を得られると判断したものについては、積極的に取り入れるように努めています。

例えば虫歯が進行して歯の神経まで至ってしまった場合、昔であれば、歯を抜いて入れ歯にするしか方法がありませんでした。しかし最先端の治療では、「できるだけ神経を残す」「神経は除去しなければならなくても、できるだけ歯そのものは残す」「やむを得ず抜歯となった場合でも、天然の歯と同等の機能や審美性を回復する」ということが可能です。

赤坂歯科クリニックの最先端の歯科治療例

歯が数1本抜けた場合

ブリッジを被せて欠損歯を補う

GBR

削らずに虫歯を治す

3Mix-MP法

ドックベストセメント

天然の歯と同等の機能回復

インプラント治療

失われた歯周組織の回復

組織再生療法

残念ながら、「最先端」と言われる歯科治療は現在はまだ保険が適用できず、保険外での治療(自費治療)となってしまいますが、見た目の良さや快適さ、精神的な負担の軽減など、費用以上に得られるメリットは非常に大きなものと考えております。

※自費治療は、希望された患者様にのみ行います。保険での治療を希望された患者様に対し、無断で行うことは一切ございません。

最新の歯科技術

治療法だけではなく、治療技術や歯科素材についても改善や改良がなされ、新しい技術や素材が次々と誕生しています。
赤坂歯科クリニックでは、これらについても、従来のものよりも優れているなどのメリットが大きい場合は積極的に取り入れており、患者様にご提供しています。

赤坂歯科クリニックの最新の歯科治療例

歯が数1本抜けた場合

ブリッジを被せて欠損歯を補う

GBR

ドリルを使わないインプラント

大口式インプラント

短期間で歯並び改善

インプラント矯正

金属を使わない歯科治療

メタルフリー(セラミック治療)

最新の歯科技術や素材については、保険が適用されません。また、患者様が希望されても、症例や治療部位によっては適さない場合がございます。
治療前に説明を行っておりますので、メリット・デメリットをご理解の上、お選びください。

無痛治療・削らない治療

削らずに虫歯を治療する

虫歯治療が痛いのは、虫歯が進行した時に痛みを感じる象牙質まで削らなければならないからです。
赤坂歯科クリニックでは、「歯を削らず、薬で虫歯を無菌化する虫歯治療(3Mix-Mp法・ドックベストセメント)」を導入しています。

一般的な虫歯治療では、虫歯菌に感染した患部(虫歯)すべてをドリルで削って取り除きますが、3Mix-Mp法・ドックベストセメントではほとんど歯を削らず、象牙質の虫歯を残したまま薬剤を詰めて虫歯菌を殺菌します。

削らずに虫歯を治療する

削るのは痛みを感じない表面のエナメル質だけですので、痛みに弱い方でも安心して治療を受けていただけます。ほとんどのケースでは、麻酔も必要ありません。

神経まで感染が至っている重度の虫歯には適用できませんが、従来の治療法であれば神経を除去していたようなケースでも神経を残せる可能性が高まりました。

静脈内鎮静法

痛みに弱く、抜歯やインプラント埋入手術、根管治療などの治療を受けることに恐怖感じ、ドキドキしてしまう方は、痛みや不安感を和らげてリラックスさせる「静脈内鎮静法」を受けられることをおすすめしています。

静脈内鎮静法は、注射器で静脈に直接麻酔薬を注入します。注射が必要ですが、うたた寝をしているようなリラックスした状態で治療を受けていただくことができ、嘔吐反応が強い方にも適しています。
ご希望の方は、治療前に担当の歯科医師にご相談ください。

メタルフリー(非金属治療)

最近、歯科治療で使用する金属が原因のアレルギーが注目されています。
特に保険で使用される合金に含まれる金属のアレルギーが多く報告されているようですが、保険外の金属床義歯で使用されるコバルトクロムや、ごく稀にですがチタンに対するアレルギーも報告されるようになっています。

完全メタルフリーのセラミック治療

赤坂歯科クリニックでは早くから金属アレルギーに注目し、できるだけ金属を使用しないメタルフリーの歯科治療に取り組んで参りました。
オールセラミックの詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)はもちろん、被せ物(クラウン)の土台にも金属を使用しないファイバーコアをご用意し、インプラントも非金属のジルコニアセラミックインプラントをお選びいただけるようにしています。

メタルフリーの取り組み

セラミック治療

ファイバーコア

ジルコニアセラミックインプラント

金属を使わない補綴

セラミック治療

グラスファイバーの柔軟な土台

ファイバーコア

非金属で審美性が高い

ジルコニアセラミック
インプラント

歯を残す治療(根管治療)

赤坂歯科クリニックではインプラント治療を得意としており、20年近い治療経験を持っていますが、インプラントなどの欠損治療をご提案することよりも、患者様の歯を残すことを最優先と考えて治療法を検討しています。

インプラントは優れた治療法で、入れ歯よりもずっと噛み心地も見た目も良いのですが、やはり患者様生来の天然の歯に勝るものはありません。虫歯を抜いてインプラントにすることはとても簡単なことですが、難しくてもまず最初に歯を残すための治療を行うことが、歯科医師として当たり前のことと考えています。

歯を残すための根管治療

「歯を残す」治療法を最優先します

歯の根まで達してしまった重度の虫歯でも、根管治療で歯の根の中の虫歯を取り除くことで、抜歯を避けることができる場合があります。

根管治療はリーマーという針のような器具を使って丁寧に歯の根の中を掃除し、虫歯菌に感染した歯や組織を少しずつ取り除く治療です。

イラストでは簡単そうに見えますが、本当の歯の根は複雑にいりくんでおり、奥の方は直接見ることができません(マイクロスコープを使っても見ることができません)。経験と技術が必要とされる根管治療は非常に難しく、場合によっては根管治療のためだけに何か月もご通院いただいたくことがあります。また、どんなに丁寧に処置を行っても抜歯せざるを得なくなることも少なくはありません。

そのため根管治療を行わないで抜歯を選択する歯科医師も存在するようですが、赤坂歯科クリニックでは、歯を残せる可能性が少しでもあるのであれば、どんなに大変でも根管治療を行うべきだと考えています。
※根管治療の効果が期待できないと診断した場合は、根管治療を行わずに抜歯をご提案することもございます。効果については歯の状態や進行の度合い、部位などによって異なりますので、ご了承ください。

歯を削らない虫歯治療

削らずに虫歯を治療する

当クリニックでは、歯を削らずに薬で虫歯を殺菌する治療法・3Mix-Mp法とドックベストセメントの施術をおこなっています。
一般的な虫歯治療ではすべて削って取り除いてしまう軟化象牙質(虫歯)の部分を残せるため、歯を削る量を少なくでき、抜髄(歯髄の除去)を回避できる可能性が高くなります。歯への侵襲を最小限にできることから、歯を残せる可能性も高くなります。

※3Mix-Mp法・ドックベストセメントの効果が低いと診断された場合は、歯を削る一般的な治療をおすすめすることがございます。
※歯を削らない虫歯治療は保険が適用されないため、処置後に入れる詰め物・被せ物についても自費診療となります。具体的な治療費については、担当の歯科医師にお尋ねください。

3Mix-MP法

3Mix-MP法は、虫歯菌に感染した軟化象牙質に抗生物質を塗り、セメントでふたをします。
薬を詰めるためのスペースの確保が必要なため、虫歯の程度によっては少しだけ歯を削らなければならないことがあります。表面のエナメル質だけの軽度の虫歯(C0〜C1)の場合は、一般的な虫歯治療の方が歯を削る量が少なくなります。
3Mix-MP法が適用できるのは、象牙質まで至っている中度の虫歯(C2〜C3)です。

ドックベストセメント(Doc's Best Cement)

ドックベストセメントは、殺菌作用がある天然ミネラルをセメントに混ぜ、虫歯の部分に詰めます。
抗生物質のように薬効低下がないため効果が長く続くことや、軟化象牙質の再石灰化が期待できることなどが特徴です。
3Mix-MP法と同じく、症状によっては歯を削る必要があること、すべての虫歯に対して適用できるわけではない(歯を削る治療の方が適しているケースもある)こと、保険が適用できないなどのデメリットもありますので、治療前によく説明を受けてください。