マイクロインプラント矯正

現在のページ :
トップページ > 矯正歯科 >  マイクロインプラント矯正

ごく小さなインプラントを使用する矯正治療法です。原則的に通常の矯正治療と併用しますが、マイクロインプラントを使用することで、治療期間を短縮できる場合があります。

マイクロインプラント矯正(インプラント矯正)とは

マイクロインプラント矯正とは、顎の骨に打ち込んだ直径1.5mm程度のごく小さなチタン製のネジを支点とし、歯を引っ張って歯列を整える矯正治療法です。ワイヤーを使って、歯そのものを支点として行う通常の矯正治療よりも歯の動きが安定しますので、症例によっては治療期間を短縮することができます。

この矯正用のマイクロインプラントは、通常のインプラントとは違って取り付けるのはごく短時間でできます。また、歯列の移動が終われば、簡単に取り外すことができます。

マイクロインプラント
マイクロインプラント

マイクロインプラント(小さなネジ)
ごく小さなネジです

マイクロインプラント矯正治療の流れ

※マイクロインプラントと通常の矯正装置を併用する場合は、症例に合ったタイミングで、矯正装置を装着いたします。

1.カウンセリング・検査

カウンセリングや検査などは、通常の矯正治療と同じように行います。

2.マイクロインプラント手術

局所麻酔を行い、必要な部位にマイクロインプラントを打ち込みます。処置に必要な時間は、麻酔も含めて1本30分程度です。痛みはほとんどありませんが、あっても2〜3日で取れます。

マイクロインプラントを打ち込んだ部分は、2日程度は刺激を与えないように安静にしてください。また、その期間は歯ブラシを使っての歯磨きは避けていただきます。

3.歯の移動

歯の移動期間は、通常の矯正治療同様、定期的にご来院いただきます。

4.保定観察

矯正治療が終了したら、マイクロインプラントを除去します。検査の後、保定観察期間に入ります。

マイクロインプラント矯正のメリットとデメリット

マイクロインプラント矯正のメリット

  • 症例によっては矯正治療期間を短縮できます。
  • 矯正装置の装着を最小限におさえることもできます。
  • 矯正治療の期間が短縮されることで、治療費が軽減される場合もあります。
  • マイクロインプラントは直径1.5mm程度と、ごく小さなものですので、治療中の違和感は少なく、痛みもほとんどありません。
  • 除去後に傷が残ることもありません。

マイクロインプラント矯正のデメリット

  • 治療中に外れることがあり、その場合は、再度マイクロインプラントを埋め込む処置が必要となります。
  • 治療中はインプラント埋込部位を清潔に保たないと、歯肉の炎症を起こすことがありますので注意してください。
  • 骨が発育途中にあるお子様には適用できません。通常は、16歳以上の方が対象となります。