マウスピース矯正

現在のページ :
トップページ > 矯正歯科 >  マウスピース矯正

透明なマウスピースを使用して、目立たずに矯正治療を行う方法があります。
赤坂歯科クリニックでは「インビザライン」と「アソアライナー」を使用しています。

マウスピース矯正とは

アライナー

マウスピース矯正は、プラスチック製の透明なマウスピースを歯に被せて歯を動かしてゆく、新しい矯正治療法です。従来のブラケットとワイヤーを装着する方法よりも目立たずに矯正ができるため、最近とても人気が高まっている治療法です。

インビザライン装着時
歯に装着したところ

マウスピース矯正にはいくつかの種類がありますが、当クリニックでは「インビザライン」と「アソアライナー」を使用しています。共にマウスピース矯正の中で実績のある製品で、コンピューターで3Dで歯の移動をシミュレーションし、緻密な計画を元に歯を動かしてゆきます。

マウスピース矯正(インビザライン・アソアライナー)の特徴

  • 透明で外から見えにくいので、目立たずに矯正治療が行えます。
  • 過度な力がかからないため痛みや違和感が少なく、ストレスなく治療が行えます。
  • 取り外しができるので、食事や歯みがきは今まで通りにでき、歯を清潔に保つことができます。
  • プラスチック製のため金属アレルギーの心配がなく、また金具が当たって口腔内が傷つくようなこともありません。

※インビザラインとアソアライナーは透明なマウスピースを使用する点は同じですが、製作法、適応症などが異なります。お口の中を診察したうえで、適する方のシステムをご案内します。

治療の流れ(インビザラインの場合)

マウスピース矯正を行うときの治療の手順を、インビザラインを例にご説明します。

精密検査

レントゲン撮影を含む口腔内の検査を行い、マウスピースでの歯列矯正が行なえるかどうかを診断します。

歯型採取とシミュレーション

歯型を採取し、歯列を3次元のデジタルデータ化して、コンピューターで歯の動きをシミュレートします。
どのように歯を動かしてゆき、最終的にどんな歯並びになるか、医師が綿密な治療計画をたてます。

クリンチェック クリンチェック
コンピューターを使ったシミレーション(クリンチェック)

アライナー(マウスピース)の作成

アライナー

治療計画をご説明し、ご了解が頂ければアライナー(マウスピース)を作成します。
インビザラインの場合は、段階ごとの複数のアライナーを一度に作成します。

マウスピース矯正の開始

最初のアライナーを装着し、矯正治療を開始します。食事をする時以外、1日20時間以上装着していただきます。
約2週間ごとに次の段階のアライナーに交換してゆき、徐々に歯並びを動かしてゆきます。インビザラインの場合は、終了時までのアライナーを一度に作成していますので、計画通りに治療するために、アライナーは必ず確実に装着してください。

矯正治療期間中は、1〜3か月ごとに来院していただきます。歯並びや噛み合わせの状態、口腔内の衛生状況をチェックし、必要な処置を行います。治療に要する期間は症例により異なりますが、1年〜2年半程度が一般的です。

保定

治療が終了した後は、整った歯並びを安定させ後戻りがしないよう保定を行います。保定期間は、矯正治療期間と同程度の期間となります。

マウスピース矯正の注意点

  • すべての症例がマウスピース矯正で治療できるわけではありません。軽度な歯並びのデコボコであればマウスピースの適用症例となりますが、噛み合わせが大きくずれていたり、顎骨に問題があるようなケースでは、他の矯正方法をお薦めすることがあります。患者様のご希望をうかがい診察したうえで、最もよい治療法をご説明しますので、どうぞ疑問点は何でもご質問ください。
  • マウスピース矯正で治療を行う場合でも、症例によってマウスピース単独ではなく他の装置を併用したり、歯の動きをよくするために補助装置を使用することがあります。

補助装置(顎間ゴム) 補助装置(歯根)
マウスピース矯正で使用する補助装置の例

  • 装置の取り外しが自由にできるため、患者様ご自身がしっかりと長い時間装着して頂くことがとても重要になります。装着を忘れるなどして外している時間が長いと、計画通りに歯が移動できず、希望した結果とならないことがあります。しっかり装着できる自信がない方には、むしろ取り外しのできない矯正装置の方がお薦めです。

マウスピース矯正の費用

マウスピース(インビザライン・アソアライナー)・・・400,000円〜500,000円(税別)

※症例によって治療期間が変わりますので、詳しい費用については治療開始時にご説明します。