セラミック治療例

現在のページ :
トップページ > 審美歯科 >  セラミック治療 >  セラミック治療例

セラミック歯には保険が適用されず治療費が高額になりますが、見た目の美しさが長く保たれる、アレルギーの心配がないなど、保険治療の詰め物や被せ物では得られないメリットがたくさんあります。
赤坂歯科クリニックではセラミック治療のカウンセリングを無料にて行っております。お気軽にご相談にいらしてください。

セラミック治療Q&Aもご覧ください 
セラミック治療で歯並びを改善した治療例(クイック矯正)はこちら

保険の素材をセラミックに取り換えた治療例

虫歯治療のほとんど全ては保険で行うことができますが、保険で使用できる素材には制限があるため、最近では見た目の改善のためにセラミック治療を希望される方が増えて参りました。
また、保険では金属を使用しなければならないため、アレルギーのリスクが伴います。審美面だけではなく、健康面や快適さの点においても、セラミック歯が優れていると言えるのではないでしょうか。

保険の金属インレー:セラミックインレー

保険の金属インレー:セラミックインレー

奥歯の詰め物や被せ物には金属しか使用できず、小臼歯など手前側の臼歯だと金属の色がかなり目立ち、金属の黒ずみが虫歯のように見えてしまうこともあります。

こちらの患者様は、以前保険で治療した金属の詰め物(インレー)をセラミックインレーに取り換えられましたが、虫歯治療の際に最初からセラミックインレーをお選びいただくこともできます。担当の歯科医師にご相談ください。

保険の白い歯(前装冠):セラミッククラウン

保険の白い歯(前装冠):セラミッククラウン

前歯に限っては、保険でも白い素材を使用することができます。
しかしながら「硬質レジン前装冠」という、金属クラウンの表側に保険のレジンを被せているもので、裏側は金属の色のままです。
保険のレジンは長期使用に適していないため、最初は白くても、食べ物などの色素を吸収するうちに変色して来ます。また、歯茎がやせて下がって来ると、歯の根元に芯の金属が黒い筋のように露出して来ます。歯茎に触れている部分は金属ですので、アレルギーのリスクもあります。

こちらの患者様は、前歯3本が保険の白い歯(前装冠)でしたが、見た目が悪くなったためにジルコニアセラミックでの改善を希望されました。
審美面の改善が目的でしたので、左側の変色した歯も同時にジルコニアセラミッククラウンで白くしました。また、クラウンの土台となるコアも、保険のメタルコアから白い非金属のファイバーコアに取り換えられました。

ファイバーコアについては、メタルフリーの取り組みをご覧ください

保険のメタルコア
保険のメタルコア

保険外のファイバーコア
保険外のファイバーコア

メタルセラミックをジルコニアセラミックに取り換えた治療例

メタルセラミックをジルコニアセラミックに取り換えた治療例

こちらの患者様は、下の前歯4本以外は全て補綴治療をされています。
前歯は保険外のメタルセラミックを選ばれていましたので、歯の色そのものには問題ありませんでしたが、歯茎のやせによって金属の芯が露出し、見た目が悪くなっていました。
奥歯も保険外の前装冠(前歯は保険が適用されますが、奥歯は適用されません)で治療していますが、変色と、レジンの剥がれが目立っています。

審美性の回復を希望されてのご来院で、メタルセラミックと前装冠を全てジルコニアセラミックに取り換えました。芯に白い非金属を使用するジルコニアセラミックなら、歯茎がさらにやせて来ても、黒い金属が露出する心配はありません。

変色した歯をセラミックで白くした治療例

変色した歯をセラミックで白くした治療例

薬品(テトラサイクリン)の影響による変色は、歯のクリーニング(PMTC)やホワイトニングを繰り返しても充分に白くすることができないため、セラミック歯での改善をおすすめしています。

こちらの患者様は上下ともに変色していましたが、下の歯の変色は根元の方だけで、普通のお口の状態では変色部分が見えませんので、上の歯だけジルコニアセラミッククラウンで治療しました。