セラミック治療

現在のページ :
トップページ > 審美歯科 >  セラミック治療

赤坂歯科クリニックでは、審美面だけでなく、メタルフリーの観点からも、歯の治療にセラミックを使用することをおすすめしています。

体に優しいセラミックを使った歯科治療

歯科治療で歯を削った後には、詰め物をしたり被せ物をしたりします。この時一般には、保険適用対象の素材で治療が行われますが、差し歯や被せ物は、表側は白く塗ってあっても中は金属でできています。これが後々、歯茎の変色を引き起こしたり、金属アレルギーの原因にもなります。(最近ではプラスチックの一種で白い材質のものが使用されるようになりましたが、時間が経つと変色してしまうという弱点があります。)

このように近年では、「見た目が悪い」と言う審美面、「金属アレルギー誘発の危険性」と言う健康面の2側面からデメリットが指摘されています。おもに、「虫歯の治療をする時に、白い材質を使いたい」または、「以前治療した箇所を、白い材質の物に取り替えたい」と希望される方の治療にセラミックをおすすめしています。

セラミックの種類について
セラミックの治療例について

セラミックを使用した詰め物(インレー)

インレーとは、虫歯を削って空いた穴に詰める詰め物のことです。詰め物の面積や部位などによって、単純インレー、複雑インレーと使い分けますので、詳しくは歯科医師にお尋ねください。

治療前(メタルインレー)
治療前(メタルインレー)

治療後(セラミックインレー)
治療後(セラミックインレー)

奥歯の治療には、銀色のインレー(詰め物)を使用することが多いのですが、笑った時などに気になる方も多いと思います。セラミックのインレーを使用すれば本物の歯との境目がほとんど目立ちません。

セラミックを使用したインレーの治療費(税抜)

  • ファインセラミック ・・・ 1本 80,000円
  • エコノミーセラミック ・・・ 1本 40,000円

セラミックを使用した被せ物(クラウン)

虫歯治療で歯を全体的に削ったり、根っこの治療に至るような大きな虫歯治療をした場合は、歯全体の形を再現して被せます。その被せ物を「クラウン」と言います。また、歯並びが気になる場合も、矯正治療を行わずにクラウンで整えることもできます。

セラミックを使用した被せ物(クラウン) 治療前
治療前

セラミックを使用した被せ物(クラウン) 治療後
治療後

セラミックを使用したクラウンの治療費(税抜)

  • エレガンスセラミック ・・・ 1本 195,000円
  • ジルコニアファインセラミック ・・・ 1本 135,000円
  • ファインセラミック ・・・ 1本 125,000円
  • シャイニングジルコニア ・・・ 1本 115,000円
  • スタンダードセラミック ・・・ 1本 105,000円
  • エコノミーセラミック ・・・ 1本 85,000円
  • メタルコア ・・・ 保険診療
  • ファイバーコア ・・・ 1本 20,000円

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をごく薄く削り、そこに薄いセラミックのチップを貼り付ける方法です。削る部分は、エナメル質の表面のごく一部だけですので、歯へのダメージはほとんどありません。

ホワイトニングで充分に白くできない変色(抗生物質などの影響によるもの)、歯の表面の凸凹、歯の一部が欠損している場合などに、ラミネートベニア治療を行います。また、歯間の大きな隙間を短期間で治したい場合にも、ラミネートベニア法で対応が可能です。また、ホワイトニング後に色が後戻りすることに不満を感じている方にも、ラミネートベニア治療をおすすめします。

ラミネートベニア(ポーセレンラミネートベニア) 治療前
治療前

ラミネートベニア(ポーセレンラミネートベニア) 治療後
治療後

ラミネートベニアの治療費(税抜)

  • エクセレントラミネート ・・・ 1本 90,000円