むし歯治療

むし歯とは

ミュータンス菌など、むし歯の原因となる菌が作り出す酸により、歯のカルシウムが溶かされてしまい、歯がもろくなったり、歯に穴が空いてしまう病気のことを「むし歯」といいます。

歯周病と同じく、むし歯はひどくなるまで目立った自覚症状がないため、気付きにくいのが特徴です。
しかし、定期歯科検診を行い、歯に穴が空いてしまう前に早期発見が出来れば、元の状態に戻すことも出来るのです。

むし歯の原因

様々な要因が重なることで、むし歯は発生します。

中でも大きく影響しているのが原因菌(ミュータンス菌)、歯質(エナメル質・象牙質)、糖質(ショ糖)です。

 

 

当院のむし歯治療への取り組み

「あれ?痛くない」・・・そんな治療を目指しています。
「歯医者は怖いところ」そんなイメージを持っている方の多くは、「歯科治療は痛いもの」と思っておられるのではないでしょうか?

しかし、実はそうではありません。設備を整え、患者様の気持ちに寄り添ったうえで丁寧な治療を行えば「限りなく痛くない治療」は実現できるのです。

港区赤坂の赤坂歯科クリニックでは、歯や歯周組織へのダメージをなるべく最小限に抑えた、できるだけ痛くない・歯を残す治療である「MI治療(ミニマルインターベンション治療)」を実践し、麻酔を行う際の痛みにもしっかりと配慮しています。

ここからは、「できるだけ痛くない治療」「可能な限り歯を削らない治療」への具体的な取り組みについてご紹介していきます。

 

できるだけ痛くない治療

できるだけ痛くない治療のためにこだわっていること

表面麻酔と電動麻酔器

多くの方が苦手とされているのが麻酔注射の痛みではないでしょうか?できるだけ痛くない治療を実現するため、当院では表面麻酔と電動麻酔器を導入しております。

麻酔注射の前に表面麻酔を行うことで歯肉を麻痺させ、針を刺す際の痛みを軽減しています。また、麻酔液は急激に注入すると細胞が膨張するため痛みを生じてしまいますが、電動麻酔器を使って一定の速度でゆっくりと麻酔液を注入することで痛みがでないよう工夫しています。

 

可能な限り歯を削らない治療

削った歯に詰め物や被せ物をすることで歯の機能を回復させることはできますが、一度削ってしまった歯は再生することはなく、二度と元に戻ることはありません。
生まれ持った天然の歯以上のものは存在しないのです。

歯の寿命は、歯を削ることで縮みます。

何度も繰り返し歯を治療していると、いずれは削る部分すらなくなってしまい、最終的には抜歯して入れ歯やインプラントでの治療をするしかなくなってしまうのです。一人でも多くの患者様に、健康的で満ち足りた、幸せな人生を送っていただきたい。当院では、そんな思いから「可能な限り削らない」むし歯治療にこだわっています。

治療精度を飛躍的に上昇させる「拡大鏡」

歯科治療というのは、実は世間一般のイメージ以上に極めて繊細であり、高度な技術が求められる治療です。

むし歯治療も例外ではなく、そのため当院では視野を何倍にも拡大することが出来る「拡大鏡」を活用した精密歯科治療を行っています。
ドクターの経験と勘を頼りに行っていた従来までの歯科治療の場合、必要以上に歯を削ってしまうことがありましたが、拡大鏡の登場によって、健康な歯を削りすぎずにむし歯部分だけを削り取るという治療が可能となったのです。その結果として、歯の寿命を延ばすことに成功しました。

むし歯のかんたん診断

自分でむし歯診断!鏡でお口の中を見てみましょう。

  • 歯が白濁している
  • 歯の表面がザラザラしている
  • 歯の溝が茶色や黒くなっている
  • 冷たい食べ物が少しだけしみる

上記のような程度のむし歯であれば、削らずに再石灰化することで治療が可能です。この段階でむし歯を発見できたらとてもラッキーです。

ただし、この状態のむし歯を放っておいてしまうとどんどん進行してしまいます。フッ素の応用など、早めの予防処置を行うことが大切です。(レントゲン等で検査し、むし歯の進行状況をしっかりと確認・診断します)

  • 歯に穴が空いている
  • 詰め物が取れて黒っぽくなっている
  • 食べ物が詰まる
  • 冷たい食べ物がしみる

上記のようなむし歯の場合、大きさによっても方法は異なりますが、修復治療を行わなければなりません。むし歯部分を削って、詰め物・被せ物で治療します。むし歯が小さいほど歯を削る量、治療にかかる費用、通院回数は少なくなりますので、このような症状に気付いたらお早めにご来院ください。

むし歯の進行に応じた対処法

1、初期むし歯
歯の表面が溶かされたことでツヤがなくなり、白く濁って見える・薄い茶色に見える状態のむし歯です。まだ歯に穴は空いておらず、痛みなど自覚症状は出ていません。この段階ならば、歯を削ること無く日々の歯磨きや歯のクリーニングで健康な歯を取り戻すことが可能です。
2、エナメル質までむし歯が進行
歯の表面のエナメル質に穴が空いてしまっていますが、まだ痛みは感じません。エナメル質のむし歯は見た目の白い「コンポジットレジン」を使ったコンポジットレジン修復という治療法で治療を行います。削る量も少なく、1日で治療が完了します(※本数によります)。むし歯の範囲にもよりますが、麻酔を使うことなく痛くない治療を行うことが出来ます。
3、象牙質までむし歯が進行
エナメル質のむし歯から更に広がり、象牙質まで進行した状態のむし歯です。冷たい食べ物がしみたり、歯に食べ物が詰まりやすくなります。コンポジットレジン修復で治療するか、むし歯の範囲・位置によっては「インレー・アンレー修復」という一部を詰める・被せる治療や、「全部被覆冠」という歯を覆う処置を行います。詰め物・被せ物についてはこちらをご覧ください。

 

 

4、神経まで達したむし歯
神経にまでむし歯が達してしまった状態で、歯に大きな穴が空いてしまっている場合もありますし、表面の穴は小さいものの内部で広がってしまっている場合もあります。神経が炎症を起こすと、激しく痛みます。場合によっては神経を保存出来る場合もありますが、基本的には根管治療を行い、むし歯の範囲によって「アンレー修復」もしくは「全部被覆冠」で治療します。場合によってはコンポジットレジン修復で治療出来ることもあります。根管治療についてこちらをご覧ください。
5、歯根だけになったむし歯

歯茎の上の部分がほぼ崩壊してしまい、歯の根だけが残った状態のむし歯です。神経が死んでしまっているため痛みを感じないことも多いですが、細菌感染によって根に膿が溜まることで痛みが生じることもあります。この状態のむし歯は、放置すると全身の健康に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

治療では、まずは歯を保存することが出来るかどうかを考えます。むし歯がかなり大きい場合や、歯が割れてしまっている場合には抜歯となる場合もあります。
歯を保存することが出来る場合には根管治療を行い、被せ物を作ります。再度被せ物を作製し、問題なく長期間使用していくことが出来るよう、歯の部分的な矯正や歯肉の外科処置などをご提案する場合もあります。

予約・ご相談はこちらインプラント特設サイト矯正歯科特設サイト
一番上に戻る
一番上に戻る
お電話予約・ご相談