保険診療と自費診療

保険診療と自費診療

保険が原則の日本では、ほとんどの歯科治療を保険で受けることができます。
ただし、保険適用の原則は「悪いところを治すための治療」に限られており、インプラント治療や矯正治療、審美治療には適用することができません。

従って、保険が適用されない「自費診療」は、非常に高価に感じられます。歯科医師としても、保険診療では患者様がご希望される結果や
より快適な治療にはお応えできないことがあり、大変残念に思うこともしばしばあります。
自費診療は、保険が適用されないため経済的な負担が大きくなるというデメリットがありますが、
仕上がりの良さや見た目の美しさ、噛み心地の快適さなど、保険診療では得られないメリットがあることも事実です。

当院では、保険が適用できる範囲内でできるだけ良い状態に治療することを心がけています。
しかし、患者様の症状やご希望の治療結果のためには自費診療をお選びいただいた方が良い場合もあります。
その際には自費診療のケースもご説明させていただきますが、無理におすすめすることはありませんのでどうぞご安心ください。

保険でできること・できないこと

保険診療 自費診療
予防処置 ✕(一部可)
高い審美性(白い素材) ✕(一部可)
アレルギーフリー
歯並び(矯正)治療 一部可
噛み合わせ治療 一部可
歯周病治療(再生療法除く)
再生療法
インプラント
長期使用 期待できない 期待できる


自費診療のご説明をご希望の方はお気軽にお申し出ください

第一希望は保険での治療でも、自費診療についても説明を聞いてみたい場合は、お気軽にお申し出ください。
治療方法の一つとしてであっても自費診療のご紹介を好まない患者様もいらっしゃいますが、
インフォームドコンセントの原則からご説明をする場合もございますので、ご了承ください。

当院ではご要望がない場合は保険適用の治療のみを行っております。患者様が望まれない場合に無理に自費診療をおすすめすることはありません。
選択肢の一つとしてご興味があれば、遠慮なくご相談ください。

白い素材について

白い素材の冠を被せることができる歯

重度のむし歯では歯を大きく削らなければなりません。削った部分は被せ物(冠/クラウン)で補いますが、
保険の冠で白い素材を使用できるのは、上下の前歯4本ずつのみです。
保険診療では、奥歯には金属の冠しか被せられないため、比較的手前の奥歯(第一小臼歯・第二小臼歯)だと、控えめな笑顔でも銀歯が見えてしまいます。

全ての歯を白い素材で治療したり、以前に保険治療で被せた銀歯を白い歯に取り換える場合は自費診療になります。

 

 

保険で使用できる白い素材

保険で使用できる白い素材は、歯科用レジン(樹脂)に限定されています。樹脂は水を吸収する性質があるため、
時間が経つと黄色っぽく変色してしまう欠点があります。強度の面でも十分とはいえず、数年後に再治療となるケースもあります。

長期間使用しても変色しにくく、長く美しい歯を保ちたいと希望される方には、
自費診療のレジン(保険のレジンより高品質です)やセラミック素材をおすすめしています。

 

見た目の悪くなった保険の白い歯(前装冠)の前歯3本と左側の変色した歯をジルコニアファインセラミックにした症例です。
クラウンの土台となるコアも、保険のメタルコアから白い非金属のファイバーコアに取り換えています。

この症例の費用 620,000円(税別)
この症例の治療期間 通常2か月(8回通院)
治療の副作用・リスク

歯ぎしり等の癖がある場合は、セラミック破折の可能性あり。

歯を失った場合

むし歯や歯周病で歯を失ってしまった場合、保険ではプラスチックの入れ歯か金属のブリッジで治療しますが、
入れ歯はしっかり噛めないことや固定源となる金具が目立つ場合があります。ブリッジの場合は噛むことへのストレスは少ないですが、
支え台として両隣の歯を削らなければなりません。

入れ歯・ブリッジの欠点を補うことができる欠損治療として、インプラントが注目されています。自費診療のため高額となりますが、見た目が良く、残っている健康な歯にも負担をかけることがありません。

 

不正咬合(歯並びが悪い)の場合

食生活の欧米化により、若い日本人のアゴが小さくなってきているといわれています。あごが小さいと歯がきれいに並ぶスペースを取れないため、
歯列がデコボコになったり、上下の歯が正しく噛み合わない場合があります。
あご切り手術が必要になる顎変形症や、唇顎口蓋裂のように特定の疾患による不正咬合であれば、
認可を受けた医療機関で保険による矯正治療を受けることができますが、それ以外の不正咬合(出っ歯、受け口、デコボコの歯など)は保険では治療することができません。

歯列を改善する矯正治療や、短期間で歯並びをきれいにするセラミック治療などは自費診療となりますが、コンプレックスを解消し、歯や歯茎の健康を持続させることにも大きく貢献します。

   

    

身体に優しいメタルフリー治療

近年、保険の歯科治療に用いられる金属素材によるアレルギーが問題視されています。
また、被せ物や詰め物に使用されている金属が溶け出し、周りの歯茎が黒ずんでしまう場合もあります。

自費診療では、金属を使用しない治療やアレルギーを引き起こしにくい金属を選ぶことができます。

 

※インプラント、矯正治療、審美・セラミック(メタルフリー)治療は自費診療です。
※赤坂歯科クリニックは医療広告ガイドラインに沿って、費用・治療期間・リスク等の記載をしています。

予約・ご相談はこちらインプラント特設サイト矯正歯科特設サイト
一番上に戻る
一番上に戻る
お電話予約・ご相談