矯正歯科Q&A

矯正治療について、患者様からよくいただく質問をまとめました。矯正治療のカウンセリングも無料にて行っておりますので、お気軽にご相談にいらしてください。

矯正歯科治療は受けた方が良いですか?

将来的なお口の健康を考えると、治療を受けられることをおすすめしています

歯並びを気にされていたり、噛み合わせに不具合を感じられているのであれば、もちろん治療をおすすめいたします。
また、特に不都合を感じていなくても、実は噛み合わせが悪い、ということもあります。歯の並びがでこぼこになっていたり、重なっている部分は、歯ブラシが届きにくく、しっかり磨いているつもりでも汚れが残ってむし歯や歯周病になりやすくなります。また、噛み合わせはお身体に影響を及ぼすことも・・・。長く、健康的なお口を保っていただく為には必要な治療です。

矯正治療は、歯を抜かないとできませんか?

症例によります

患者様の中には、歯を抜くことに抵抗を感じて矯正治療をためらわれている方も多いのではないでしょうか。
歯科医師としても、大切な歯はできれば抜きたくはありません。しかし、どうしても抜歯が必要なケースがあります。抜歯をしないで治すと、悪い歯並び(出歯や受口)にしてしまうことがあるからです。そのような場合には、治療の説明の際に、何故抜歯が必要なのか、しないとどうなるのか、詳しく説明させていただきます。

歯並びが悪くなるのは、歯の大きさと顎の大きさのバランスが合っていないからです。あごに十分なスペースがなければ、歯はきれいに並びません。あごの大きさは限られていますので、スペースを得るためには、抜歯が必要になるのです。スペースがないところに無理に並べてしまうと、せっかくきれいにしても後戻りのリスクが高くなります。

目立たない矯正装置はありますか?

透明なブラケットを使用すれば、あまり目立たずに矯正治療を行うことができます

昔の矯正のイメージは「金属製で目立つ」ものでしたが、最近では透明なブラケット(審美ブラケット)や歯の色と同化するホワイトワイヤー、肌の色に近いゴールドワイヤーなどが選択でき、あまり目立たずに矯正治療を行うことができます。
症例によっては透明なマウスピースでほとんど周りに気づかれずに矯正治療することも可能です(ワイヤー矯正より適用範囲が狭いため、全ての患者様に使用できるわけではありません)

矯正治療に年齢制限はありますか?

歯根や周辺組織がしっかりしていれば、何歳でも可能です

矯正治療の最終目的は、永久歯列の歯並びや噛み合わせを正しくすることです。お子様は、身体の成長が歯並びに深く関わってくる為、治療のスタートは後になるとしても、一度早めの受診をおすすめしています。歯や歯の周りの組織がしっかりとしていれば、基本的に何歳でも矯正治療が可能です。
しかし、若い方でも歯周病が進行していたり、歯周組織に問題がある場合には矯正治療を行えないことがあります。

子供の矯正治療はいつ始めれば良いですか?

特に問題がなければ、永久歯が生え揃ってからの開始をおすすめします

お子様が矯正治療を始める時期は、成長や、永久歯の生え変わりに支障がない限りは、永久歯が生え揃ってから始められることをおすすめします。ですが、上下の歯が深く噛み合って歯茎や唇を傷つけていたり、咀嚼や呼吸に障りがある、また、乳歯の不正咬合のために永久歯の萌出が阻害されるなどの問題がある場合は、速やかな治療が必要です。
問題があるかどうかはお口の中を拝見してみないとわかりませんので、早めに専門の歯科医師への受診をおすすめしています。(当院では矯正専門の担当医が治療を担当しています)。お子様の歯並びにご不安があれば、お気軽にご相談ください。

矯正治療の痛みはどのくらいですか?

矯正を始めた当初は痛みがあります。お痛みの感じ方には個人差があり、どのくらい、という表現はしづらいのですが、痛みや違和感には1週間で必ず慣れます。

歯が動く痛み

矯正装置を付けたり調節したりすると、数日から1週間はうずくような鈍痛を感じる方が多いです。しかし、痛みは徐々に引いていきます。また、歯が動く痛みがある時にものを噛むと痛みを感じます。固いものは痛みを強く感じるので、食事の際にはなるべく歯に負担がかからない柔らかいメニューを選ぶようにしてください。どうしても我慢出来ない場合は市販の鎮痛剤を服用し、痛みをコントロールしながらその期間を過ごすようにしてください。

矯正装置による痛み

装置が口内にあたって、口内炎になる場合があります。いつも同じところに口内炎ができたり、なかなか治らない場合は、接触する部分にワックスなどを塗って対処できます。また、矯正装置を付けたばかりで慣れない頃は、頬の内側を噛んで口内炎になってしまうことも多いかもしれません。矯正装置に慣れてくると、このようなアクシデントも減ってくると思います。

予約・ご相談はこちらインプラント特設サイト矯正歯科特設サイト
一番上に戻る
一番上に戻る
お電話予約・ご相談