親知らずの抜歯

親知らずでお悩みの方へ

「親知らずは抜いた方がいい」そんな風に思っている方も多いと思いますが、必ずしも抜歯しなければならないわけではありません。

横や斜めに生えてきてしまっていたり、望ましくない成長をしてしまっている場合は噛み合わせや粘膜のトラブルを引き起こす原因となる可能性があるため抜歯を検討することをお勧めしていますが、真っ直ぐ正常に生えており上下がしっかりと噛み合い、問題なく歯磨きが出来る親知らずは無理に抜歯する必要はないでしょう。

 

 

親知らずを抜いた方がいいケース

隣の歯をむし歯にしてしまうリスクがある

手前の歯にぶつかるように傾いて親知らずが生えていると、ぶつかっている部分に汚れが溜まりやすくなり、それが原因となって手前の歯がむし歯になってしまうということが少なくありません。この部分のむし歯を治療するためには、まずは親知らずを抜歯してから処置をする必要があります。

むし歯になってしまって痛む

親知らずという歯は上下どちらも歯磨きが難しいため、むし歯リスクの高い歯です。しかし、親知らずは歯茎に覆われているため歯科検診ではむし歯になっているかどうかを判断しにくく、レントゲン検査を行わなければなりません。むし歯が悪化してから突然痛み出すことも多く、そのため治療が難しくなり抜歯することになります。

歯茎が腫れて痛む

歯茎に覆われていることの多い親知らずは、歯茎との間に汚れが溜まり、腫れて痛むことがあります。親知らずを覆う歯茎が少なければ少し歯茎を切るだけで済みますが、広く覆われている場合は腫れと痛みを繰り返すことになるため、抜歯をお勧めしています。

生えかけの親知らずが痛む

親知らずは一番奥の歯茎を突き破って生えてきます。その際、汚れが溜まることで歯茎が腫れて痛みます。また、噛み合う歯の親知らずが既に生えている場合、親知らずを覆う歯茎を噛んでしまい、痛みます。

口臭を引き起こす原因になる

汚れが溜まりやすい親知らずはむし歯や歯周病になるリスクが高く、口臭を引き起こす原因となります。

顎や喉が痛む

細菌が親知らずと歯茎の間から顎の中に入ってしまうと、化膿して痛みが出ます。この腫れは喉の柔らかい組織にも広がっていくため、喉が赤くなって食べ物や飲み物を飲み込む時に強い痛みを感じます。

頭痛の原因になる

上の親知らずは根の先が副鼻腔の近くに位置しています。そのため、根の先の感染が副鼻腔に広がると頭痛や鼻詰まりを引き起こしてしまうことがあります。

前の歯を押すことで歯並びを乱してしまう

横に傾いて生えている親知らずは、生えてくる際に手前の歯を押してしまうため痛みが出ます。また、手前の歯に生えてくる力がかかり続けると離れている前歯が動き、歯並びが乱れてしまうことになります。

親知らずを抜かない方がいいケース

真っ直ぐ生えており上下の親知らずが噛み合っている

むし歯や歯周病にもなっておらず、真っ直ぐ正常に生えており上下の親知らずがしっかりと噛み合っている場合には無理に抜歯する必要はありません。

親知らずの手前の歯の神経が無い

歯は神経を失うと寿命が短くなります。親知らずの手前の歯が割れ、抜歯が必要になった時には矯正したり歯の移植を行い、親知らずを手前の歯として使えるように治療することがあります。

 

赤阪歯科クリニックが安全な親知らずの抜歯を行うために

CTを用いた親知らずの診断

当院では歯科用CTを使い、様々な角度から親知らずや、関節の状態を確認しています。親知らずの周辺組織までもしっかりと確認出来るCTは親知らずの抜歯をスムーズに行うためには欠かすことが出来ない存在です。

 痛みを緩和する表面麻酔

当院では、歯茎に塗るタイプの表面麻酔、マイクロ麻酔針、電動麻酔器などを活用し麻酔を行う際の痛みの緩和に努めています。抜歯を行う際はもちろん麻酔が効いているため痛みはありませんが、そのための麻酔ですらも痛みが出ないよう、工夫しています。

抜歯後の腫れの緩和

親知らずの抜歯は上顎の場合あまり腫れませんが、下顎の場合ほとんどのケースで腫れます。抜歯から1週間をピークに徐々に腫れは治まっていきますが、侵襲の度合いが大きければ大きいほど腫れも長引くことになります。腫れを長引かせないためにも低侵襲かつスムーズな抜歯を行えるよう努力しています。

 抜歯後の痛みや感染への対策

抜歯後の痛みとしてはドライソケットや抜歯した箇所の化膿が考えられます。当院では抜歯箇所に人工コラーゲンを入れる、抗生物質を処方するなどの対策を行い、可能な限り抜歯後の痛みを軽減出来るようにしております。

【抜歯前後における注意事項】

1、親知らずを抜く前の注意事項

 

歯茎に埋まっている親知らずの抜歯の場合、侵襲が大きくなるためしっかりと麻酔を効かせて治療します。麻酔を打った後は23時間は麻酔の効果が続きますので、その間は火傷をしたり口の中を噛んでしまわないよう、食事は控えましょう。

食事は術前に摂るようにし、また、前日はしっかり睡眠をとるようにしてください。若い女性の場合、貧血や迷走神経反射によって失神してしまうことも極めて稀にですがあると言われています。そのため、少しでも体調が優れない時は無理をせず日程を変更しましょう。

 

2、親知らず抜歯後の痛みについて

 

抜歯後、麻酔が切れると痛みが出始めますが、個人差はあるものの1週間もすれば痛み止めは不要になります。

しかし、中には抜歯後23日してから急に痛み始めたり、痛みが強くなったりするケースがあります。この場合はドライソケット(抜歯後治癒不全)が疑われるため、早めに当院までご連絡ください。

 

3親知らず抜歯後の腫れについて

 

腫れは抜歯してから4872時間後がピークだと言われています。しっかり食事・水分・睡眠をとり体調を万全にしておく、喫煙や飲酒を控える、硬いものや辛いものを控えることで腫れを予防することが出来ます。

抜歯後24時間ほどは冷たいタオルや冷えピタなどで冷やすと炎症反応を抑えることが出来ますが、それ以降は冷やすと逆効果になってしまうため注意しましょう。
また、抜歯後の穴は固まった血が蓋の役割をしてくれています。血の塊が剥がれてしまわないよう強いうがいはしないようにしましょう。

 

4、親知らず抜歯後の出血を防止する方法

 

抜歯後、最も注意しなければいけないのが「出血」です。血が滲んできた時はティッシュなどを5分ほど強く噛むと、ほとんどの場合で出血が止まります。また、飲酒や激しい運動を控える、お風呂ではなくシャワーにするようにしましょう。

出血の量が多く心配だという場合には当院までご連絡ください。

 

5、親知らず抜歯後に麻痺が残った時の対処法

抜歯をした翌日になっても麻酔が切れていない、触った時に感覚が鈍くなったように感じるという方は神経が麻痺している可能性があります。麻痺が起こった場合は「薬」もしくは「大学病院やペインクリニックでの神経節ブロック」という2つの方法で治療します。どちらも早期発見・早期治療が大切ですので異変を感じたらすぐに当院までご連絡ください。

抜歯にかかる時間と費用

真っ直ぐ生えている親知らずの場合

真っ直ぐ生えている親知らずの場合、15分程で抜歯が完了します。費用は保険診療で3割負担の方の場合、2000円程です。

横向きに生えている、歯茎の下に埋もれている親知らずの場合

歯を分割したり、骨を削る必要があるため30分~1時間ほどかかります。費用は保険診療で3割負担の方の場合で40005000円ほどですが、親知らずの状態によっては、レントゲンやお薬が追加となる場合があります。

予約・ご相談はこちらインプラント特設サイト矯正歯科特設サイト
一番上に戻る
一番上に戻る
お電話予約・ご相談